名古屋の結婚相談所

結婚相談所入会に必要な書類

婚活はしたいけれど、変な人につかまって時間を無駄にしたくない。そんな方には結婚相談所がおすすめです。結婚相談所に入会するには少々高額な入会金や初期活動費を支払わなければなりませんが、だからこそ本気で結婚したいという人だけが集まっている組織。すぐにでも結婚したい方や、恋人ではなく結婚相手を探している方にはおすすめです。

結婚相談所に入会するには、幾つか提出しなければならない書類があります。面倒臭く感じるかも知れませんが、提出書類があるという事は、他の会員も身元が確かである証拠。逆に提出書類が無い、あるいは少ないと言う結婚相談所は少々怪しいので注意しましょう。

【本人確認書類】
書いて字の如く、本人を証明する書類になります。一般的な本人証明と同じで、運転免許証やパスポート、保険証、住民基本台帳カードなどのコピーが有効です。

【独身証明書】
独身である事を証明する独身証明書は、婚活を行う上で絶対に欲しいものです。逆を言えば、独身証明書の提出が義務付けられていない結婚相談所は避けるべきでしょう。独身証明書を取得するには、その人の本籍地のある役所(市区町村役所・役場)の戸籍課窓口で取得の申請を行います。

【卒業証書】
最終学歴を証明するために提出する書類です。その人の経歴に関わってくるため、独身証明書に次いで重要な書類になります。卒業した学校が発行する書類で、遠方のため取りに行けないと言う場合は郵送でお願いしましょう。

【在籍証明書】
ある意味で、一番厄介なのがこの在籍証明書。在籍証明書とは、自分がこの会社に確かに在籍していますよ、と言う事を証明する書類。年収などの証明にもなるので非常に重要ではあるのですが、これを発行するには会社に申請しなければなりません。つまり、場合によっては会社に婚活をしている事が知られてしまうわけです。会社に申請するのが恥ずかしいと言う場合は、社員証明書でも代用出来る事があるので、結婚相談所に問い合わせてみましょう。

【収入証明】
ご自身の収入を証明する書類になります。一年間の給与明細や、確定申告書控えを提出しましょう。

詳細はこちらへ>>IBJメンバーズの口コミと評判

専業主婦でも銀行ならばカードローンできるかも

カードローンとは

キャッシングの必要な時というのは、誰にでもあるものです。あてにしていたお金が入ってこない場合もありますし、逆に想定していなかった支出がいくつも重なることは誰にでも起こりうるからです。そういう場合、人はキャッシングのためにカードを作るものです。そのカードがあれば、銀行のATMを使うように金融機関のATMから自由にお金を引き出すことが出来るようになります。ただその前に、金融機関の審査を受けて、それをクリアした場合にのみカードが発行されてカードローンを使うことが出来るようになります。

専業主婦はカードローンがしにくい

審査は、金融機関がこの人にお金を貸してもきちんと返してくれるかどうかを見るために行うもので、会社員としてきちんきちんと毎月現金が入ってくるかどうか、他の金融機関に、借り入れがありその返済が期日内に行われているかということ等を調べます。一般的には、大手の会社員で、かつカードローンはいままでしたことがないという人が、もっとも審査対象としてはよい条件の人ということになります。逆に仕事を持たない専業主婦は、非常に悪い条件の人ということになります。

なぜ、専業主婦はカードローンがしにくいか?

固定収入のない専業主婦にも、貸金法大改正以前ならば、どこの金融機関も気軽に貸し出しを行っていました。ところが、消費者金融の暴走を抑制するために種々の施策が打たれました。特に貸出額を利用者の年収の1/3に抑える総量規制が引かれ以降、収入のない学生、専業主婦にはお金をか貸さなくなった金融機関が増えました。罰せられることを恐れず貸し出しを続ける金融機関は存在しなくなりました。

専業主婦でも銀行ならばカードローンできるかも

とはいうものの、カードローンは便利なものであるし、主婦の中にぜひ使いたいという人はたくさんおられます。ただ総量規制は旧のサラ金、現在の消費者金融の会社にはしっかり制約をかけています。その為、その制約を外すためには銀行でのキャッシングカードを作ることを考えるべきでしょう。地方の銀行も含めて、調べてみると専業主婦でもちゃんとカードローンのできるところが見つかります。

詳細はこちらへ>>カードローン比較ランキング|今すぐお金を借りたい方必見!